有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 住み替えローンのメリットとは?流れやリスクを知っておこう

住み替えローンのメリットとは?流れやリスクを知っておこう

≪ 前へ|兵庫県多可町の住みやすさは?子育て支援が充実しており自然の多い町   記事一覧   すまい給付金とは?住宅ローン控除との違いや受け取り方を解説|次へ ≫

住み替えローンのメリットとは?流れやリスクを知っておこう

住み替えローンのメリットとは?流れやリスクを知っておこう

長く住む予定で購入した住宅でも、予期せぬ転勤や近隣住人とのトラブル、親の介護などで引っ越しを余儀なくされることもあるでしょう。
住宅ローンを組んでいる場合は、残っている残高をすべて完済する必要があるため、「住み替えローン」を検討してみてはいかがでしょうか。
住宅ローンが残っている場合に役立つ住み替えローンのメリットや、手続きの流れ、事前に知っておきたいリスクなどについて解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

住み替えローンとは?①活用するメリットと流れ

住宅ローンが残っている不動産を手放し、次に住む物件を購入したい場合は、必ず残りのローンを支払った上で次の方へ引き渡さなければなりません。
ローンの残高が少なく、手持ち資金で賄える場合はスムーズに売却できますが、数年間しか住んでいないなど、ローンの支払いが難しい場合は「住み替えローン」を検討してみましょう。
住み替えローンとは、残っている住宅ローン残高と新しく購入する住宅のローンを一緒に組める仕組みとなっています。
そのため、元々組んでいた住宅ローンの完済が難しい人でも、新しい不動産が購入できるメリットがあります。
住み替えローンを利用するには、売却と購入を一緒にする必要があるため、このローンを利用する場合は、売りと買いを同時進行で進めていく流れとなります。

住み替えローンとは?②リスクと注意点

住み替えローンは、ローン残積がある場合でも別の不動産が購入できる便利な仕組みですが、活用するにあたってリスクや注意点が存在します。
いくら借りられるからと言っても、不動産売買には元々大きな金額がかかるため、多きすぎる金額の借入をしない様に気を付けましょう。
あまりにも大きな借り入れをすると、万が一ローンの返済が難しくなった場合にリスクが大きく、ローン残高が負担になってしまうからです。
返済ができない場合は競売や任意売却で返済する流れとなりますが、売却後に残高が残った場合は、その後も完済するまで返済しなければなりません。
また、住み替えローンは金利が高く設定されている場合も多いため、結果的に返済する額が大きくなる可能性があります。
社会情勢や病気など、いつどこで返済が難しくなることが起こるかもしれませんので、あまり過信せずに大きな借り入れをおこなわない様に気を付けましょう。

住み替えローンとは?②リスクと注意点

まとめ

住み替えローンは、現在住んでいる不動産の住宅ローンが残ったままでも新たな不動産を購入できるメリットがあります。
しかし、金利が高く設定されている場合が多く、借入額も大きくなるため、返済リスクを考えてあまり大きな金額を借り入れない様に気を付けましょう。
私たちスローライフでは、加東市・西脇市の不動産を多数ご紹介しております。
不動産の売買についてなにかお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|兵庫県多可町の住みやすさは?子育て支援が充実しており自然の多い町   記事一覧   すまい給付金とは?住宅ローン控除との違いや受け取り方を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • LINE
  • Instagram
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る