有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 不動産相続における配偶者居住権の概要と成立要件

不動産相続における配偶者居住権の概要と成立要件

≪ 前へ|不動産売却時の空き家トラブルとその管理について   記事一覧   不動産に借地権がついていた場合の相続について|次へ ≫

不動産相続における配偶者居住権の概要と成立要件

不動産相続における配偶者居住権の概要と成立要件

配偶者が亡くなったあと、子どもやもう一方の配偶者が相続する場合、遺産を分ける必要があります。
その際、亡くなった方の配偶者は配偶者居住権を行使してその家に住み続けることが可能です。
不動産を相続する際に有効な配偶者居住権とはどのような権利か、その概要と成立要件を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産相続における配偶者居住権についての概要

配偶者が亡くなったあと、その夫あるいは妻がそのまま家に住み続けることのできる権利を配偶者居住権といいます。
この権利により、配偶者は亡くなるまで、もしくはある一定期間その家に居住することができます。
この権利の成立には、遺産相続時に亡くなった人の婚外子がいた場合に婚内子と同じように婚外子にも遺産相続が認められるようになったことが背景にあります。
この改定により遺産を分ける際に亡くなった人の配偶者が家を出なければならない可能性も生じ、そういった事態を防ぐために法律が改正されたのです。
配偶者居住権には、相続人である子どもと残された配偶者が遺産を平等に相続する権利も含まれています。
なお、配偶者居住権は存続期間が満了したときや配偶者が死亡したとき、あるいは配偶者が配偶者居住権を放棄したときなどに消滅します。

不動産を相続する際に利用可能な配偶者居住権の成立要件

配偶者居住権は死亡した人の夫あるいは妻が、相続する家に住んでいた事実がまず必要になります。
配偶者居住権は、残された配偶者と子どもの関係がうまくいっていない場合など、遺産争いが起こりそうなケースで有効に働くでしょう。
なお、配偶者はその家に住み、建物の所有はその人の子どもに任せるケースが一般的に多いです。
配偶者は住む場所に困ることなく、さらに預貯金も与えられることになり、生活を維持することが可能になります。
さらに、その建物に住んでいた親が亡くなったあと、家の所有権を持っている方は相続税を課税されることなく家を所有することが可能です。
また、配偶者居住権は相続税を節税したい場合、あるいは配偶者の兄弟などに不動産を渡したくない場合にも活用されます。

不動産を相続する際に利用可能な配偶者居住権の成立要件

まとめ

配偶者居住権は、死亡した方の配偶者であることやその家に住んでいたことなどの条件がそろってはじめて行使が可能になります。
それによって遺族同士が平等に遺産をわけられますが、複雑な制度であるため利用時には慎重に判断することが求められます。
不安が残る場合には専門家に一度相談するとよいでしょう。
私たちスローライフは西脇市で不動産を取り扱っております。
お探しの際はお気軽にお問い合わせください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時の空き家トラブルとその管理について   記事一覧   不動産に借地権がついていた場合の相続について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • LINE
  • Instagram
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る