有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 不動産に借地権がついていた場合の相続について

不動産に借地権がついていた場合の相続について

≪ 前へ|不動産売却時の空き家トラブルとその管理について   記事一覧   不動産売却時の空き家トラブルとその管理について|次へ ≫

不動産に借地権がついていた場合の相続について

不動産に借地権がついていた場合の相続について

一般的に親が亡くなった後、所有していた不動産を相続する流れになりますが、その土地の権利が借地権だった場合、どのような相続手続きをとらなければならないのでしょうか。
家を相続することになったとき、不動産に借地権がついていたときの相続は可能かどうか、手続きについても紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産に借地権がついている場合の相続は可能かどうか

借地権とはつまり土地を借りる権利であり、土地を持つ権利とは別ものであることに留意しなくてはなりません
借地権は二種類に分けられ、その一つである地上権は、借りている土地を使う権利、あるいはそこに建てたものを売却できる権利です。
もう一方の賃借権は地上権と同じように、自分では所有していない土地を使用することができますが、地上権とは異なり建て替えや売却はできないことに注意が必要です。
借地権の相続に際して許可はとくに求められないため、権利関係などはそのまま相続人が引き継ぐことになります。
しかし借地権には契約期間が定められており、その年数が経過したあとはさらに契約延長を交渉するか、家を解体しなければなりません。

不動産に借地権がついているときの相続手続きにはどのようなことがあるか

まず、借地権がついている不動産を相続する際には、相続するには税がかかることに注意しなくてはなりません。
また、相続が終わった時点でその旨を地主に報告あるいは通知すればそれでかまいません。
しかし、相続する際には地主からの許可は必要ない一方で、売却や処分、建て替えや増改築を考えているときには承諾が必要になります。
ほかに家があってその家に住むことができないという理由などで家を相続しない場合、その土地の持ち主に借地権の買い取りを相談することも一つの手段です。
なお、所有者の許可を得られさえすればば、借地権は売却することもできます。
実家を相続してそのまま長く住み続けたい場合、名義変更のほかに支払い変更や更新手続きを済ませておくことが求められます。
さらにこの場合にも、建て替えや増築をする際には地主の許可が必要です。

不動産に借地権がついているときの相続手続きにはどのようなことがあるか

まとめ

不動産に借地権がついていたときの相続は可能かどうか、またその際の手続きにはどのようなことが必要か紹介いたしました。
借地権がついている不動産の相続に許可は特別必要ないですが、相続の際には税金がかかります。
また、そのまま住むのではなく、手放す際や増築などをおこなう場合には地主の許可が必要であり、その際には地主との円滑なコミュニケーションが要となるでしょう。
今回の記事を参考にしつつ、ぜひ関係者全員が納得できる相続を達成してください。
私たちスローライフでは、加東市エリアの不動産を多数取り扱っております。
不動産のことでなにかお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却時の空き家トラブルとその管理について   記事一覧   不動産売却時の空き家トラブルとその管理について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る