有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 戸建てを買い換える際の流れを確認!売却と購入の順番や買い換え時の注意点

戸建てを買い換える際の流れを確認!売却と購入の順番や買い換え時の注意点

≪ 前へ|戸建てを売却するときの流れを知りたい!内見のポイントも押さえよう   記事一覧   加東市に定住移住するなら情報サイト「かとうとかどう?」を利用しよう!|次へ ≫

戸建てを買い換える際の流れを確認!売却と購入の順番や買い換え時の注意点

これから戸建てを買い換えるのでしたら、どんな流れで進めるのかをあらかじめ決めておくとスムーズです。

 

この記事では、戸建ての買い換え時における流れのパターンとそれぞれのメリット・デメリット、そして新居選びのポイントと注意点をご紹介します。


金


戸建ての購入と売却はどんな流れにするとメリットがある?


戸建てを買い換えるときの購入と売却の流れには、3つのパターンが考えられます。

 

1つ目は、先に今住んでいる戸建てを売却してから次の家を購入する「売却先行型」です。

 

このパターンは、売却をして資金を得てから次の家が購入できるので、資金計画を立てやすいメリットがあります。

 

一方デメリットは、売却後に次の家が決まらなければ、買い主に家を引き渡したあと賃貸に住まなければならなくなる可能性があることでしょう。

 

2つ目は、先に次の家を購入してから今の家を売る「購入先行型」です。

 

このパターンだと、先に次の家を確保できるので、今の戸建ての売却にじっくりと時間をかけられるメリットがあります。

 

しかし購入を先行すると、今の戸建ての売却利益を新居購入に使えないため、新しい戸建てを購入する資金は別に用意しなければならないことがデメリットです。

 

最後の3つ目は、買いと売りを並行して進行させる「同時進行型」です。

 

同時進行型のメリットは、どちらも同時に進めるため時間のロスがないことでしょう。

 

しかし最終的にどちらが先行するかわからないので資金計画が立てづらく、さらに両方の手続きを同時に進めるために慌ただしいのがデメリットです。

 

どのパターンを選ぶのかは、手持ちの資金がどれくらいあるのかなどの条件によって異なるため、ご自身に最適なパターンを選ぶようにしてください。


ポイント


戸建ての購入と売却の流れのなかで大切なポイントと注意点とは?


 

戸建てを買い換えるときにもっとも大切なのは、どのパターンであっても気に入った物件を見つけて購入することです。

 

売却を先行した場合でも、しばらくの間は仮住まいをする覚悟を持って、引き渡しの日が近づいているからと焦って次の戸建てを購入しないように注意してください。

 

また家を買い換えるときには、信頼できる不動産会社を見つけることがとても大切になります。

 

手持ち資金の状況や次の戸建てへの希望などをしっかりと聞き取り、そのうえで適切な提案をしてくれる不動産会社を探しましょう。

 

まとめ


家を買い換えるときの購入と売却の流れについて、3つのパターンに分けてご紹介しました。

 

戸建ての買い換えをご検討の際には、信頼できる不動産会社を見つけて相談するようにしましょう。


私たち有限会社スローライフでは、戸建て情報を数多く取り揃えております。


戸建ての購入については、当社まで問い合くださいませ。

≪ 前へ|戸建てを売却するときの流れを知りたい!内見のポイントも押さえよう   記事一覧   加東市に定住移住するなら情報サイト「かとうとかどう?」を利用しよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る