有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 不動産売却時に気を付けたいハウスクリーニングのポイント

不動産売却時に気を付けたいハウスクリーニングのポイント

≪ 前へ|新築住宅で和室をつくった時の活用法は?和室のメリットについて   記事一覧   新築住宅で和室をつくった時の活用法は?和室のメリットについて|次へ ≫

不動産売却時に気を付けたいハウスクリーニングのポイント

初めてマンションや戸建てを売却する際に、物件の「ハウスクリーニング」は必要なのかどうか悩む方は少なくありません。


ハウスクリーニング業者へ依頼する場合には数万の費用がかかるので、できれば余計な出費は抑えたいものですよね。


しかし、売却の際の「ハウスクリーニング」に伴う法的義務などはあるのでしょうか?


今回は、戸建てやマンションなど手持ちの不動産を売却する際の「ハウスクリーニング」のポイントをお伝えしたいと思います。


不動産売却時の「ハウスクリーニング」に法的義務はあるの?


ハウスクリーニング


結論から言えば、不動産を売却する際の「ハウスクリーニング」自体には、法的義務はありません。


退去したそのままの状態で売買しても、全く問題はないのです。


売買契約後に「ハウスクリーニング」をしても売買代金が変わることありませんし、売買時に交わした契約書などに特記事項として特別な約束がなければ問題はないのが現状です。


もちろん、ハウスクリーニングをしたからと言って必ずしも家が高く、早く売れるわけではありませんが、売却時には家の中を掃除してきれいにしておいた方が良い印象を与えるのは確かです。


不動産売却時に「ハウスクリーニング」をする場合の注意点とは?



ハウスクリーニングは専門業者に依頼することになりますが、ここで注意をしなければならないことが、物件の損傷になります。


ハウスクリーニングを売買契約から引渡の前に実施した時、仮にハウスクリーニング業者がレンジフードやシャワーヘッドなどの物件を壊してしまった場合、契約時点とは異なる条件の物件を引き渡すことになってしまいます。


損傷したことを買主や不動産会社に告げずに引渡を行ってしまうと、売主側で売却後に損害賠償を負うことになります。


誰も味方になってくれませんので、損傷が発覚したら必ず不動産会社と買主へ報告し、対応方針を決めるようにしましょう。


まとめ


ハウスクリーニングには法的義務はないものの、売買をスムーズにすることや、内見時の印象が良くなることなど、売買を好条件でおこなう要素としてはプラスになることが分かりました。


ハウスクリーニングを施すことでスムーズな売買を促し、売却期間を可能な限り短くできるのであれば、やっておくことに損はないといえるでしょう。


不動産売却時にクリーニングをするかどうか迷っていた方は、ぜひ一度考えてみてくださいね。


私たち有限会社スローライフでは、加東市・西脇市の不動産を多数ご紹介しております。

無料で売却査定ができますので、当社までお気軽にご相談ください!

≪ 前へ|新築住宅で和室をつくった時の活用法は?和室のメリットについて   記事一覧   新築住宅で和室をつくった時の活用法は?和室のメリットについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る