有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?

不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|リバースモーゲージとは何か?詳しく解説!   記事一覧   加東市の公示地価とは?土地取引は行政書士に頼むのがおすすめ!|次へ ≫

不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?

不動産の生前贈与を考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 

ここでは、不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?についてご紹介します。

 

不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?


不動産の生前贈与のメリット


基本的に、不動産の生前贈与のメリットは相続税対策として効果があることでしょう。

 

相続を待たないで不動産を子供などの相続人に譲れることもありますが、相続人を自分が持っている家に住まわせたいときは、贈与しないで貸す方法もあります。

 

このときに貸すのは無償でも問題ありません。

 

無償で貸すと、家賃の相場との差額について税金がみなし贈与としてかかることを心配するかもしれませんが、税金は基本的にかかるときはありません。

 

また、生前贈与のときは贈与する人が誰に相続させるかを決められますが、相続するときは相続する人が遺産分割協議によって決まります。

 

不動産の生前贈与の節税メリットとしては、次のようなものがあります。

 

・年間110万円以内の基礎控除が暦年贈与によって適用できる

 

・暦年贈与を小分けに行うことによって税率が低くなる

 

・贈与対象になる不動産から獲得できる儲けがあるときや不動産の値上がりが考えられるときは、相続税対策になる

・子供を飛ばして孫に贈与できる

・「夫婦の間で居住用の不動産を贈与したときの配偶者控除」が適用になるときがある

・住宅取得等資金の贈与の非課税の特例が使える

 

・教育資金贈与の非課税制度によって、一括で非課税1500万円が贈与できる

 

不動産の生前贈与のデメリット

 

不動産の生前贈与は、先にご紹介したように多くのメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

 

不動産の生前贈与は、贈与税が課せられることがあります。

 

贈与が毎年100万円までのときは課税されないという制度がありますが、土地のときは大きく100万円をオーバーする金額になると考えられるため贈与税がかかることがあります。

 

減税の制度がこれ以外にもありますが、注意する必要があるのは贈与税と相続税のいずれを払う方が得になるかということです。

 

生前贈与を節税対策で考えているときは、相続税額も調査しておきましょう。

 

課税される金額を比較して、損しない方を選びましょう。

 

トラブルを親族と避けたいときや土地を譲りたい人が決定しているときは、贈与することが金額よりも大切でしょう。

 

不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?


まとめ


不動産の生前贈与を考えるときは、不動産の生前贈与のメリットだけでなく、デメリットについても十分に考えておきましょう。

 

私たち有限会社スローライフでは、戸建て情報を数多く取り揃えております。


戸建ての購入については、当社までお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|リバースモーゲージとは何か?詳しく解説!   記事一覧   加東市の公示地価とは?土地取引は行政書士に頼むのがおすすめ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る