有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 加東市の公示地価とは?土地取引は行政書士に頼むのがおすすめ!

加東市の公示地価とは?土地取引は行政書士に頼むのがおすすめ!

≪ 前へ|不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?   記事一覧   西脇市の公示地価とは?土地取引の価格についてもご紹介!|次へ ≫

加東市の公示地価とは?土地取引は行政書士に頼むのがおすすめ!

兵庫県の加東市で、土地を取引するような時もあるでしょう。

 

ここでは、加東市の公示地価や土地取引についてご紹介します。


加東市の公示地価とは?土地取引は行政書士に頼むのがおすすめ!

 

加東市の公示地価とは?


加東市の2020年の平均の公示地価は、1㎡あたり29,618円、1坪あたり97,911円です。

 

2019年からは、マイナス0.85%の変動率です。

 

加東市の2019年の平均の基準地価は、1㎡あたり28,116円、1坪あたり92947円です。

 

2018年からは、マイナス0.74%の変動率です。

 

1983年から37年間分の公示地価のデータでは最高価格が1991年の1㎡あたり63,566円、最低価格が2013年の1㎡あたり27,360円で、両方の違いは2.32倍です。

 

一方、1983年から37年間分の基準地価のデータでは最高価格が1997年の1㎡あたり54,190円、最低価格が1983年の1㎡あたり22,800円で、両方の違いは2.38倍です。

 

また2019年の平均の宅地の地価は1㎡あたり24,266円、1坪あたり8220円、2018年からはプラス25.36%の変動率です。

 

2019年の平均の商業地の地価は1㎡あたり49,750円、1坪あたり164,462円、2018年からはマイナス0.50%の変動率です。

 

加東市での土地取引とは?


売土地


加東市での土地取引の時は、土地の価格の相場を参考にして、市場動向と物件の引き合いの状態によって土地取引の価格が決まります。

 

土地の価格の相場は、国土交通省の公示地価・兵庫県の基準地価・国税庁の路線価・国土交通省の不動産取引価格が参考になります。

 

なお、このような数値は、不動産の実際の取引価格とは少し違っています。

 

加東市の土地取引・住宅ローンの利用・住宅の購入・不動産投資などを実際に行う時は、不動産業者・行政書士・司法書士などの専門家に頼んで、見積もり・査定を行なってもらいましょう。

 

固定資産税の課税対象になる土地は、加東市が登記簿によって把握して課税します。

 

申告義務があり、自己申告方式になります。

 

固定資産税は、税率を課税標準額に掛けますが、地方自治体が税率は設けます。

 

課税標準額は、実際に計算が複雑ですが、目安としては公示地価の7割になります。

 

贈与税・相続税の土地代は、路線価になり、目安としては公示地価の8割です。

 

まとめ


加東市の2020年の平均の公示地価は1㎡あたり29,618円、1坪あたり97,911円で、2019年からはマイナス0.85%の変動率です。

 

今回ご紹介しました、加東市の土地取引・住宅ローンの利用・住宅の購入・不動産投資などを実際に行う時は、専門家の不動産業者・行政書士・司法書士などにご相談することをおすすめします。

私たち有限会社スローライフでは、加東市エリアの不動産を多数取り扱っております。

 

不動産のことでなにかお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください!

≪ 前へ|不動産の生前贈与のメリット・デメリットとは?   記事一覧   西脇市の公示地価とは?土地取引の価格についてもご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る