有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > しっかり把握しておこう!不動産を売買する時にかかる税金について

しっかり把握しておこう!不動産を売買する時にかかる税金について

≪ 前へ|西脇市の公示地価とは?土地取引の価格についてもご紹介!   記事一覧   20代で一軒家を購入した場合の完済シミュレーションをしよう|次へ ≫

しっかり把握しておこう!不動産を売買する時にかかる税金について

不動産を売買する時は、税金がかかります。

 

節税するために確定申告をする時のためにも、不動産を売買する時の税金について把握しておきましょう。

 

ここでは、不動産を売買する時にかかる税金についてご紹介します。


しっかり把握しておこう!不動産を売買する時にかかる税金について

 

不動産を売る時にかかる税金とは?


ここでは、不動産の売買として売る時にかかる税金についてご紹介します。

 

・必ずかかるのは(登録免許税、印紙税)

・儲けた時にかかるのは(譲渡所得税、住民税、復興特別所得税)

 

不動産を売る時は、仲介手数料やいろいろな税金などの経費がかかります。

 

仲介手数料は、不動産業者に売ってもらう時にかかるものです。

 

税金は、金額が不動産の種類などによって変わってきます。

 

税金の金額は、実際には売る時期によっても変わるため、ある程度売る前に把握しておくことが大切です。

 

しかし、税金の金額は法律で詳細に決まっており、さらに税率が毎年ちょっとずつ変わる時もあります。

 

不動産を売る時は必ず登録免許税と印紙税がかかる


税金


ここでは、不動産を売る時に必ずかかる登録免許税と印紙税についてご紹介します。

 

・登録免許税

 

登録免許税は、不動産を売る時に名義を変えるために必要になります。

 

登記する不動産の種類によって、登録免許税の金額は違ってきます。

 

不動産を売ることによって所有権を移す時は、固定資産税評価額に2%を掛けたものになります。

 

なお、固定資産税評価額というのは、それぞれの市町村が計算する固定資産税のベースになるものです。

 

・印紙税

 

印紙税は、不動産を売る時に、印紙を売買契約書に貼るために納めるようになります。

 

売買契約書に書かれている契約金額によって、印紙税の金額は違ってきます。

 

契約金額ごとの印紙税の金額としては、次のようなものなどになります。

 

500万円~1,000万円未満の時は10,000

1,000万円以上~5000万円未満の時は20,000

5,000万円以上~1億円未満の時は60,000

1億円以上~5億円未満の時は100,000

 

まとめ


不動産を売買する時は税金がかかり、税金の金額は不動産の種類などによって変わってきます。

 

今回ご紹介した不動産売買の税金に関して、参考にしていただければと思います。

私たち有限会社スローライフでは、加東市・西脇市の不動産を多数ご紹介しております。

 

不動産の売買についてなにかお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください!

≪ 前へ|西脇市の公示地価とは?土地取引の価格についてもご紹介!   記事一覧   20代で一軒家を購入した場合の完済シミュレーションをしよう|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る