有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > 新築一戸建の屋根はどうしよう?それぞれのメリットデメリット!

新築一戸建の屋根はどうしよう?それぞれのメリットデメリット!

≪ 前へ|戸建の自宅を売却する際に失敗した事例と失敗しないための注意点とは?    記事一覧   戸建の自宅を売却する際に失敗した事例と失敗しないための注意点とは? |次へ ≫

新築一戸建の屋根はどうしよう?それぞれのメリットデメリット!

新築一戸建てを購入する時は、どのような屋根の形にすればいいか迷うのではないでしょうか。


ここでは新築一戸建ての屋根の形の種類、メリット・デメリットについてご紹介します。 

 

新築一戸建の屋根の形はどのような種類があるのか?


新築一戸建て


新築一戸建ての屋根の形の種類としては、次のようなものがあります。


切妻屋根


切妻屋根は三角屋根のことで、メンテナンス費や雨漏りリスクが少ないものです。


●片流れ屋根


片流れ屋根は1面のみが傾斜したものであるため、雨樋は1方向だけ取り付けることで済みます。


最も費用を重要視したい時におすすめです。

 

寄棟屋根(方形屋根)


寄棟屋根は傾斜面が4方向にあるもので、切妻屋根に次いで多くあります。


大棟は地面に水平な最も上部の棟で、下り棟あるいは隅棟は傾斜がある棟です。


寄棟屋根は大棟がある屋根で、 方形屋根は大棟がない屋根です。


寄棟屋根は、リフォーム費と初期の建築費が割高になります。


しかし、雨や日射などの影響が少ないため、住宅を長期的に守るためには最も優れた屋根です。

 

屋根のそれぞれの形のメリット・デメリットとは?


メリットデメリット


ここでは、屋根のそれぞれの形のメリット・デメリットについてご紹介します。


切妻屋根


<メリット>


・費用が安い

・雨漏りリスクが少ない

・屋根裏が広くなるため通気性がいい

・屋根が広いため太陽光パネルを設置しやすい


<デメリット>


・破風板や妻などが老朽化しやすい

・普通の外観であるため個性が出にくい

 

片流れ屋根


<メリット>


・高いデザイン性があるため個性が出せる

・屋根が広いため太陽光パネルが設置しやすい

・費用が安い

・屋根裏が広い

・窓を高いところに設置できるため部屋が明るい


<デメリット>


・耐風性が弱い

・雨樋に対する負担が大きい

・日照が得られにくい


寄棟屋根(方形屋根)


<メリット>


・耐風性が強い

・落ち着いた外観になる

・雨や紫外線から全ての外壁を守ることができる

 

<デメリット>


・屋根裏が狭くなりがちであるため換気が必要である

・費用が高い

・屋根面が狭いため太陽光パネルが設置できないことがある

・棟が多いため雨漏りリスクがある 

 

まとめ


屋根の形は住み心地以外に、リフォーム費や雨漏りリスクと非常に関係します。


屋根の形は、個性や外観を重要視して決めないようにしましょう。


新築の一戸建の購入を考えている方は、シンプルな屋根の形がおすすめです。


私たち有限会社スローライフでは、加東市エリアの不動産を多数取り扱っております。

不動産のことでなにかお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください!

≪ 前へ|戸建の自宅を売却する際に失敗した事例と失敗しないための注意点とは?    記事一覧   戸建の自宅を売却する際に失敗した事例と失敗しないための注意点とは? |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る