有限会社スローライフ > 有限会社スローライフ 北はりま店のブログ記事一覧 > すまい給付金とは?住宅ローン控除との違いや受け取り方を解説

すまい給付金とは?住宅ローン控除との違いや受け取り方を解説

≪ 前へ|住み替えローンのメリットとは?流れやリスクを知っておこう   記事一覧   住宅ローンの融資実行日はいつ?引渡し前にかかる費用は?|次へ ≫

すまい給付金とは?住宅ローン控除との違いや受け取り方を解説

すまい給付金とは?住宅ローン控除との違いや受け取り方を解説

住宅などの不動産購入は大きな金額となりますが、購入時にさらに金額が膨らむのが消費税です。
消費税は購入額が大きければ大きいほど金額も膨らむため、少しでも購入者の負担を減らすために、「すまい給付金」という制度が作られました。
この記事ではすまい給付金制度の要件や、住宅ローン控除との違い、給付金の受取方について解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

すまい給付金とは?①住宅ローン控除との違い

不動産を購入する際に、消費税が適用された物件を購入した場合は「すまい給付金」を受け取ることができます。
すまい給付金とは、消費税によって支出が大きくなる不動産購入者が支払う負担を軽減させる制度で、条件をクリアすると給付金を受け取れる仕組みとなっています。
不動産購入時には、すまい給付金と同様に支出負担を減らせる「住宅ローン控除」を受けられる方がいらっしゃいますが、この2つの制度は要件などに違いがあります。
住宅ローン控除は所得税より最大で40万円まで控除ができる制度ですが、元々所得が少ない人は控除額される金額が少なく、あまり恩恵が受けられません。
そのため、一定の所得以下の方の負担を減らすために「すまい給付金」制度が設けられており、2つの制度を併用することも可能です。

すまい給付金とは?②要件と給付金の受け取り方

すまい給付金は不動産を購入して自動的に受け取れるものではないため、必ず自ら申請する作業が必要となります。
すまい給付金の受け取り方は、申請窓口か郵送で申し込むことができ、何か分からないことや不安がある際は、専用サポートセンターへの問い合わせも可能です。
給付金を受け取るには要件があり、居住用の住宅として自分名義で購入した不動産で、住居の床面積が50㎡以上の物件でなくてはなりません。
また、購入時に8%または10%の消費税が適用された不動産で、住宅ローンを組んでいない場合は50歳以上が対象者となります。
このほかに、所得が消費税8%の場合は510万円以下、10%の場合は775万円以下の方が対象となりますので、要件を満たしているか確認し、窓口で申請をおこないましょう。

すまい給付金とは?②要件と給付金の受け取り方

まとめ

すまい給付金とは消費税によって高額になる不動産購入費を軽減するもので、所得が高い人に有利となる住宅ローン控除とは、要件や恩恵に違いがある制度です。
すまい給付金の受け取り方は、専用窓口での受付けか、郵送での申請も可能となっていますので、条件を確認した上で申請をおこないましょう。
私たちスローライフでは、加東市・西脇市の不動産を多数ご紹介しております。
不動産の売買についてなにかお困りでしたら、当社までお気軽にご相談ください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住み替えローンのメリットとは?流れやリスクを知っておこう   記事一覧   住宅ローンの融資実行日はいつ?引渡し前にかかる費用は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 賃貸サイトはこちら
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 売却
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • ブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    有限会社スローライフ 北はりま店
    • 〒679-0204
    • 兵庫県加東市新町267-3
    • 0120-567-677
    • TEL/0795-40-5668
    • FAX/0795-40-5664
    • 兵庫県知事 (3) 第500217号
  • スマホ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る